ダイナースクラブカードの優待はもはやプライオリティパス並み

0dd3754bc6603b2b2f68ecfdec9be011_s

プライオリティパスに入会すると、会員証を提示するだけで世界900箇所以上の空港のラウンジでサービスを利用することができるようになります。

 

ただし、入会するとプランに応じて毎年10,000~40,000円程度の年会費を支払わなければならず、他の特典は特に無いため、頻繁に空港を利用して外国に渡航する機会がある人でなければメリットを享受できないのが難点です。

 

一方、日本で特に歴史が古いクレジットカードの一つであるダイナースクラブカードにも、空港ラウンジサービスの特典が存在します。

ダイナースクラブカードの会員が利用できる空港ラウンジの数は600箇所以上と、プライオリティパスと比較して少ないですが、プライオリティパスが提携している空港とダイナースクラブカードが提携している空港には重複する所も多く、決して見劣りしない内容となっています。

 

ただし、ダイナースクラブカードを所有すると、空港ラウンジを利用できるようになるだけでなく、提携しているホテルやレストラン、ゴルフ場、スポーツクラブなどを優待料金で利用できるようになったり、旅行傷害保険やショッピング保険などの各種保険も自動付帯されたり、買い物をすると無制限で有効のポイントがたまるなど、たくさんの特典が付帯されます。

年会費は一番下のグレードのものでも税抜で22,000円と高額ですが、プライオリティパスより安い出費でたくさんの特典を利用できるようになるのが大きな魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です