ダイナースクラブカードの優待はもはやプライオリティパス並み

0dd3754bc6603b2b2f68ecfdec9be011_s

プライオリティパスに入会すると、会員証を提示するだけで世界900箇所以上の空港のラウンジでサービスを利用することができるようになります。

 

ただし、入会するとプランに応じて毎年10,000~40,000円程度の年会費を支払わなければならず、他の特典は特に無いため、頻繁に空港を利用して外国に渡航する機会がある人でなければメリットを享受できないのが難点です。

 

一方、日本で特に歴史が古いクレジットカードの一つであるダイナースクラブカードにも、空港ラウンジサービスの特典が存在します。

ダイナースクラブカードの会員が利用できる空港ラウンジの数は600箇所以上と、プライオリティパスと比較して少ないですが、プライオリティパスが提携している空港とダイナースクラブカードが提携している空港には重複する所も多く、決して見劣りしない内容となっています。

 

ただし、ダイナースクラブカードを所有すると、空港ラウンジを利用できるようになるだけでなく、提携しているホテルやレストラン、ゴルフ場、スポーツクラブなどを優待料金で利用できるようになったり、旅行傷害保険やショッピング保険などの各種保険も自動付帯されたり、買い物をすると無制限で有効のポイントがたまるなど、たくさんの特典が付帯されます。

年会費は一番下のグレードのものでも税抜で22,000円と高額ですが、プライオリティパスより安い出費でたくさんの特典を利用できるようになるのが大きな魅力です。

もはやプラチナ並み!コンシェルジュ特典付クレジットカード

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

コンシェルジュサービスとは、クレジットカード会社にいるスタッフがコンシェルジュとなり、ホテルや航空券、イベントチケットなどの確保や、商品の検索および購入などの代行、滞在先でショッピングや食事、宴会などができる店の探索および紹介などを行ってくれるサービスのことです。

このサービスが特典として付帯されているクレジットカードは、プラチナカードやブラックカードなどのグレードの高いカードであることが多いです。

 

例えば、ダイナースクラブカードの会員になってたくさんの利用実績を重ねていくと、やがてダイナースクラブから招待がきてプレミアムカード会員になることができるようになりますが、このプレミアムカードの利用特典として付帯されているものの一つがコンシェルジュサービスです。

ダイナースクラブでは、年中無休かつ24時間いつでもプレミアムカード会員の申し出に対応できる仕組みが整えられており、旅先で分からないことが出てきたり、トラブルに遭遇したときには、専用ダイヤルをつかってコンシェルジュに相談すると、短時間で解決させられる可能性があります。

 

また、仕事や用事で忙しい時にも、ダイナースクラブに問い合わせて用件を伝えれば、その通りに動いて用事を済ませてくれます。

 

このように、必要な時にいつでも会員の手足となって行動してくれるのが、コンシェルジュサービスの便利なところです。

ゴールドカード・プライオリティパス|人気の2枚を徹底比較

f3177f1a02e0db2a0b19af145492eb80_s

並みのゴールドカードを凌ぐ充実した特典内容が特徴である「ダイナースクラブカード」と、セゾンのゴールドカードの一つである「セゾンゴールドアメックス」は、ともに入会すると空港ラウンジサービスを利用する特典を得られることで知られていますが、そのサービスの内容は両者では異なります。

 

セゾンゴールドアメックスの空港ラウンジサービスは、国内空港と国外空港では提供のされ方が異なっています。

国内空港のラウンジでは、セゾンゴールドアメックスのカードと航空券を受付で提示することで各種サービスを利用できるようになります。

 

一方、外国の空港のラウンジでサービスを利用するには、事前にプライオリティパスの会員登録が必要となっており、利用時にはセゾンゴールドアメックスではなく、プライオリティパスの会員証を提示する必要があります。

プライオリティパスの会員になるとクレジットカードの会費とは別に年会費を支払わなければなりませんが、優待価格が適用され、通常より若干安くなります。

 

一方、ダイナースクラブカードの空港ラウンジ優遇サービスは、ダイナースクラブが独自で実施しており、別途費用が発生することはありません。

 

利用も、受付でダイナースクラブカードと航空券を提示するだけでできるようになります。

カバーしている空港の数はプライオリティパスより少ないですが、世界の主要空港はほとんどカバーされているため、わざわざ他の空港ラウンジサービスの会員にならなくても十分にメリットを享受することができます。